長野県飯島町・病児保育室「おひさまハウス」

お知らせ

「病児保育を考えるつどい」開催しました。

      お知らせ      nonokichi

こんにちは。のの吉です。

12月5日に飯島町文化館で、全国病児保育協議会副会長の杉野茂人先生による基調講演(オンライン)と、その後飯島町初の病児保育室開設に寄せてパネルディスカッション行ったよ。

ご出席頂いた皆様有難うございました。

杉野さんの講演では、病児保育は問題点として「親子の愛着阻害・感染拡大・事故発生・エビデンス(病児保育が良いという証拠)」などが課題。
利用者代表からは「施設見学させて欲しい。登録申請書のスマホ申請など簡素化。かかりつけ医師との連携。利用時間の拡大や当日緊急受け入れ体制やキャンセル待ち対応をして欲しい。(LINE WORKSで対応)」という声。

保育士からは 場慣れしない子どもへの対応。重複申込の自粛。

おひさまハウスの野々村代表は、このシンポジウムで出された意見要望を踏まえ、多くのこの事業に関わるメンバーで検討し、期待に応えられる病児保育を開始したいと述べて終了しました。

12月5日病児保育を考えるつどいを開催します。

      お知らせ      nonokichi

こんにちは。ののきちです。

おひさまハウスのシンポジウムについてご案内します。

病児保育室おひさまハウス開設記念イベント「病児保育を考えるつどい」

が12月5日(日)15時から飯島町文化館小ホールにて開催します。

 

全国病児保育協議会副会長の杉野茂人先生による基調講演と、その後飯島町初の病児保育室開設に寄せてパネルディスカッションが開かれます。

皆様のご参加をお待ちしています。

病児保育室おひさまハウス開設記念イベント「病児保育を考えるつどい」

 

 

 

おひさまハウスで「LINE WORKS」を導入しました。

      お知らせ      nonokichi

こんにちは。ののきちです。

子供を預けようとしたけど、当日に予約の電話が集中して繋がらない…予約が取りづらい…

そういった問題を解決する為におひさまハウスでは「LINE WORKS」の導入が決定しました。
LINE WORKSによる運用は電話ではなく、使い慣れたLINEと同じ操作で予約や相談などができる新しい運用方法です。
保護者の方はLINE等の外部トーク機能を使って「おひさまハウス」の「LINE WORKS」とつながることで、チャットボットの質問に回答するだけで予約が可能になり、担当者と電話がつながるまで架電を続ける必要がなくなります。
詳しくはこちらのニュースをご覧下さい。

LINE WORKSについてはこちらから

病児保育シンポジウムを12月5日に開催します。

      お知らせ      nonokichi

こんにちは。のの吉です。

病児保育シンポジウムを12月5日に開催します。

また11月11日からクラウドファンディングを80日間行います。

皆様のご参加をお待ちしています!

おひさまハウスは工事を着工しました。

      お知らせ      nonokichi

こんにちは。のの吉です。

9月28日におひさまハウスは安全祈願祭を行って工事を着工したよ。

早く病気にかかった子どもたちが安心できる療養所ができるといいね。

おひさまハウスのホームページがスタートします

      お知らせ      nonokichi

こんにちは。のの吉です。

今、「おひさまハウス」建設に向けていろんな準備に入ってるところだよ。

温かい建物に、優しいスタッフ。

子どもが具合悪くなり、落ち込んでいる母親に、

「大丈夫!みんな、そうよ!子どもは、そうして育っていく」

と声をかけてあげたい。

そんな場所にしたいです。どうぞ応援よろしくお願いいたします。

 

はじめまして、おひさまハウスです

      お知らせ      nonokichi

これはおひさまハウスの初めての投稿です。

 

お知らせ 長野県飯島町・病児保育室「おひさまハウス」

© Ohisama House All Rights Reserved.

PAGE
TOP